/

この記事は会員限定です

「大河ドラマを我がまちに」 誘致合戦、神奈川の陣

[有料会員限定]

神奈川県内でNHK大河ドラマの誘致活動が活発になっている。小田原市などは2020年12月、戦国大名、北条家のドラマ化を目指して署名活動を始めた。県内では徳川家康の外交顧問だった英国人の三浦按針や、室町時代後期の武将、太田道灌を推す動きもある。22年に舞台となる鎌倉に続けとばかりに活動は熱を帯びる。

「北条五代を大河ドラマに!」。小田原市がドラマ化を目指すのは、初代北条早雲から氏直まで、関東の覇者と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り925文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン