/

セブン、栃木の和牛で牛すき弁当 脱・最下位後押し

とちぎ和牛やとちおとめを使ったお弁当やスイーツ6品を販売する(26日、栃木県庁)

セブン―イレブン・ジャパンは3月9日から栃木県の牛肉やイチゴを使ったお弁当やスイーツなど6品を県内のセブンイレブン約450店で順次販売する。栃木県が2020年の民間調査で魅力度最下位になったのを受け、同県の食材を使った商品で魅力をアピールする狙いだ。

ブランド牛の「とちぎ和牛」を使った商品は、牛すき弁当や牛しぐれ煮が具材のおにぎりなど3品を展開する。イチゴの「とちおとめ」を使ったスイーツはミルクプリンやアイスなどを用意した。

県は魅力度最下位をきっかけに「47(そこ)から始まる栃木県」と題したキャンペーンを実施しており、ラジオCMコンテストの開催やゆかりのある著名人が出演する動画の制作などに取り組んできた。企業とタイアップするのは今回が初めてという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン