/

東邦銀行、20年ぶりの赤字に 21年3月期 コロナ禍響く

東邦銀行は26日、2021年3月期の連結純損益が52億円の赤字になりそうだと発表した。赤字は01年3月期以来20年ぶり。新型コロナウイルスの影響が長期化し、信用コストが増大したことが響く。通期の配当予想は前期から1円減らし5円とした。

記者会見する東邦銀行の佐藤頭取(26日、福島市の本店)

単体の信用コストは118億円を見込む。このうちコロナ禍による貸倒引当金は約80億円。運用ポートフォリオ見直しによる有価証券の含み損処理で、株などの売却損も22億円に膨らむ。

22年3月期の連結純利益は53億円で黒字転換を見込む。取引先の経営支援強化などで貸出金利息の増加を目指す一方、信用コストは25億円に減り、有価証券関係の損益も9億円に黒字化する。

佐藤稔頭取は記者会見で、取引先の経営状況について「金融支援などで財務内容に大きなショックが起きているとはいえない。ただ、今後資金の返済が始まるなか、この先の影響は今の段階で見通せない」と指摘。来期予想を巡る再度の下方修正懸念について問われ、「考え得る範囲で、そうならないところまで信用コストを積んでいる」と話した。

同行は26日、22年3月期から3年間の中期経営計画を公表。21年3月時点で98ある拠点を23年3月末までに約85に減らす。拠点統廃合を通じて捻出する人員を振り向けるなどでコンサルティング力を強化する。24年3月期の連結コア業務純益100億円以上、連結自己資本利益率(ROE)2.8%以上を目標とする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン