/

日本橋の首都高地下化へ 呉服橋・江戸橋出入口5月廃止

首都高の呉服橋・江戸橋出入り口を撤去後、地下トンネルの掘削を始め、2035年のトンネル開通を予定している

首都高速道路は26日、都心環状線の日本橋区間にある呉服橋と江戸橋の出入り口を5月10日から廃止すると発表した。日本橋区間の地下化工事に必要なためだという。

出入り口を閉鎖後、日本橋川の中に立つ橋脚などを撤去することで川の水位を下げ、今後の工事を進めやすくする。同社は日本橋区間の地下化に向けた工事を2020年から始めた。出入り口の撤去後、地下トンネルの掘削を始め、35年のトンネル開通を予定している。川の上にある既存の高速の撤去は40年に完了する予定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン