/

埼玉りそな銀の福岡社長、埼玉大で講義

埼玉大学で講義する埼玉りそな銀行の福岡社長

埼玉りそな銀行の福岡聡社長は23日、同行が開設した寄付講義「地域金融×地域創生入門」の一環で約200人の学生に講義をした。対面とオンラインのハイブリッド方式で開催し、自行の業務や役割について解説。講義は8月まで全15回で、コモンズ投信の渋沢健会長やKADOKAWAの角川歴彦会長なども講義する予定。

寄付講義は埼玉大との相互協力協定に基づいて2008年に開設し、今年で13回目。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で中止したため、2年ぶりとなる。福岡社長は講義で埼玉県小川町の住宅団地再生といったまちづくり支援についても触れ、「県が提唱する日本一暮らしやすい埼玉県の実現に貢献して、明るい地域社会の創出に全力を尽くしていきたい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン