/

日産スタジアムの命名権更新 5年間

横浜市は26日、日産自動車と結んでいる横浜国際総合競技場(日産スタジアム)などの命名権(ネーミングライツ)の契約を5年間延長したと発表した。契約金額は総額6億円。これまでは年1億5000万円の契約だったが、日産が経営再建中のため初めの3年は年1億円に減額し、残りの2年を年1億5000万円とすることで調整した。

2月末までだった契約期間を2026年2月末まで延長した。契約を更新したのは日産スタジアムのほか、小机競技場(日産フィールド小机)とスポーツコミュニティプラザ(日産ウォーターパーク)の3施設。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン