/

この記事は会員限定です

コロナ2年目 北関東企業、攻め・守り両立に腐心

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が2年目となるなかで、新年度がスタートした。北関東の企業はコロナ対策という「守り」を固めつつ、攻めに出る経営を余儀なくされている。入社式では逆境をバネにして活躍することを期待するトップが相次いだ。

2020年度に中止した入社式を、感染対策を施した上で開催した企業が目立った。足利銀行は新行員111人を迎える入行式を宇都宮市内の本店で開催。新入行員の上沢奈緒子さん(22)は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1138文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン