/

この記事は会員限定です

東洋システム、医療用バッテリー生産急増 コロナ禍で

[有料会員限定]

バッテリー検査最大手、東洋システム(福島県いわき市)の医療用バッテリー生産が急増している。新型コロナウイルスの感染拡大で人工呼吸器などを手掛ける医療機器メーカーからの受注が増えているためだ。2020年度の生産量は前年度の2.4倍になる見通し。携帯電話や自動車のバッテリー検査が主力の同社にとって新しい有力分野に育ちつつある。

生産が急増しているのはリチウムイオン電池を加工したバッテリーパック。以前か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り559文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン