盛岡市とイオンモール、JR新駅整備で協定締結 - 日本経済新聞
/

盛岡市とイオンモール、JR新駅整備で協定締結

盛岡市とイオンモールは25日、イオンモール盛岡(同市)北東側を走るJR田沢湖線に新設を目指している前潟駅(仮称)の整備に向け、協定を締結した。

イオンモールは協定を受けて今後、企業版ふるさと納税を利用して2億円を寄付。市は約11億円を見込んでいる駅の建設費に充てて同社と協力して新駅を拠点とした、にぎわいのあるまちづくりに取り組む。

一方、田沢湖線の新駅を巡っては2015年に地元町内会とイオンモールなどが新駅誘致実現推進会を設立。市と地元町内会で検討を重ね、20年1月にJR東日本盛岡支社に設置を求める請願書を提出した。市などは今後、23年3月の新駅開業を目指してJR側と調整を進める。

市とイオンモールの協定内容は5項目。地域のにぎわい創出を持続させるためのまちづくりの推進や、鉄道とバスとの交通結節点とするために既存のバス停の移動などの必要な整備を検討することなどを盛り込んだ。

谷藤裕明市長は協定締結後の記者会見で、「新駅の候補地に近い地区では新たに団地が広がるなど、以前よりも地元の期待が高まっている」と指摘。そのうえで「イオンモールの協力が得られることで、充実した駅の設置につながる。駅完成後は秋田側の利便性も向上するので、多くの人に利用してもらえれば」と期待を語った。

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません