/

この記事は会員限定です

東北の地銀、コロナで経費減り本業増益 20年4~12月

[有料会員限定]

東北の地方銀行の2020年4~12月期決算が12日、出そろった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた出張などの経費削減に伴い、本業のもうけを示すコア業務純益(単体)は15行合算で前年同期比29%増えた。貸倒引当金などの与信関係費用は急増していないが、新型コロナの業績への影響は不透明感が続く。

フィデアホールディングス(HD)傘下の荘内銀行は、高金利の貸出金減少で利ざやは縮小したが、株高で利息配当金が増加。人件費削減も寄与...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1115文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン