/

この記事は会員限定です

ATM、非接触や抗ウイルスフィルム 地銀が感染防止策

[有料会員限定]

各地の地銀が、ATMの新型コロナウイルス感染防止策として新たな試みに取り組んでいる。2021年以降も感染拡大への警戒は緩められないことから、非接触で操作できるATMを実証実験したり、抗ウイルス機能を持つ透明フィルムを貼ったりして、接触による感染リスクを少なくする手法を探っている。

百五銀行は20年12月2~18日、津市の本店で非接触型ATMの実証実験を実施した。ATMはOKI製で、パネルの数センチ上で指を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り569文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン