/

この記事は会員限定です

新潟 豪雪被害の農業施設や文化財、復旧メド依然見えず

[有料会員限定]

新潟県内で暴風雪・大雪の被害が相次いでから28日で3週間になる。企業の生産活動などはほぼ元に戻ったが、農業施設や文化財などでは復旧見通しが立たない施設も多い。雪害からの完全な復旧にはまだ時間を要しそうだ。

この時期としては35年ぶりの記録的な大雪に見舞われた上越市の高田地区では23~24日、地域全体で屋根雪を道路に落とす「一斉雪おろし」が9年ぶりに実施された。雪下ろし後には大人の背丈を越す雪の山...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン