/

福島・浪江町、住友商事と協定 水素活用などで

福島県浪江町は25日、水素の活用などで住友商事と協定を結んだ。乗用車だけでなく、バス、トラック、農機、自転車などに水素エネルギーを供給する「マルチステーション」を町内に設置。共同で再生可能エネルギーの普及を促進する。町によると、こうした水素ステーションの開設は全国で初めてとみられる。

福島県浪江町の吉田数博町長(右)はオンラインで住友商事の森肇執行役員と協定を結んだ(同町提供)

交流・関係人口拡大も狙う。同社は東京・大手町の本社で、ビジネス、文化など社内外の様々な分野の人材が交流する事業を展開している。同社はこの事業で培ったノウハウを生かし町との交流を促進。町内にも同様の交流拠点を設け、移住や起業などにつなげたい考えだ。

町内では2020年3月、世界最大級の水素製造装置を備える「福島水素エネルギー研究フィールド」が開所するなど水素を核にしたまちづくりが進む。

住友商事と日産自動車の共同出資会社は18年3月、電気自動車(EV)の使用済み電池を再製品化する工場を町内に設けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン