/

群馬銀行の新ファンド、5年後めどに60億円組成

群馬銀行は昨年末に先んじてファンドの運営会社を設立していた(20年12月、前橋市)

群馬銀行は25日、3月中にも資本性資金を供給する「ぐんま地域共創ファンド」を設立すると発表した。今回の組成額は30億円とするが、今後5年間で合計60億円分組成するとも明らかにした。出資額が30億円の上限に達すれば、新たにファンドを立ち上げる。

ファンドの運営は群馬銀が2020年12月に立ち上げた子会社、ぐんま地域共創パートナーズ(前橋市)が担う。当初は事業承継や事業再生、起業の目的別に3つのファンドを設立する考えだったが、より柔軟な対応が可能なことから1つに集約した。

3月中には第1号の出資先が決まる見通しだが、業種などは非公表としている。同ファンドでは企業への資金供給のみならず、経営人材を派遣する「ハンズオン支援」を手掛ける。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン