/

ITのエフコム、廃小学校を再活用 福島県郡山市

エフコムとエディソンが本社を置くビル(福島県郡山市)

福島県郡山市は廃校になった上伊豆島小学校の利活用について、地元IT(情報技術)企業のエフコムが優先交渉権者に決まったと発表した。エフコムは土地・建物を2510万円で購入し、オフィスやイベント会場、地域交流拠点などで構成するドリーム・ラボ(仮称)として再利用する。同様に廃校となった鬼生田小学校は地元電気工事会社のエディソンが優先交渉権者に決まった。オフィスや研究施設、災害時避難所などに活用する。両社はともに郡山市に本拠を置くグループ企業。住民説明会や市議会の審議を経て7月以降に契約と施設の引き渡しをする予定。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン