/

この記事は会員限定です

2拠点居住に脚光、新型コロナで 自治体などPR強化

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染リスクが低いとされる郊外生活が脚光を浴びる中、都心と田舎の両方に生活基盤を持つ2拠点居住(デュアルライフ)が注目を集めている。都市部で希望者向けのセミナーが増える一方、地方の自治体は呼び込みに力を入れる。郊外暮らしに接する都心居住者が増えれば、少子高齢化が進む地方の活力アップにつながる可能性もある。

NTTデータ経営研究所や産直サイト、ポケットマルシェ(東京・渋谷)が202...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1410文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン