/

この記事は会員限定です

スズキ鈴木会長、退任後も地域に関心 行政区再編訴える

[有料会員限定]

スズキは24日、鈴木修会長(91)が退任すると発表した。同氏は40年以上にわたり社長、会長として経営をかじ取りし、同社を世界の自動車大手に育て上げる一方、地元政財界に大きな影響力を持ってきた。24日の会見では今後の地域へのかかわり方について「浜松市民として関心を持たせてほしい」とも語った。浜松市は行政区再編という課題に直面しており、地域への影響力は引き続き注目を集めそうだ。

「市民として愛する浜松市がど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1209文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン