/

千葉市、テレワークでのホテル利用に3000円補助

千葉市は市内のホテルが提供するテレワークプランの利用を促すため、3000円を上限に料金を補助する事業を始めた。千葉県内に住む人が対象ホテルのプランを割引料金で利用できる。新型コロナウイルスの感染再拡大で「まん延防止等重点措置」が適用されるなど、ホテルは大きな影響を受けており、市が支援する。

対象ホテルは25日時点で「アパホテル&リゾート東京ベイ幕張」や「京成ホテルミラマーレ」など21施設で、順次追加される予定だ。市の担当者は「東京五輪・パラリンピックが幕張メッセで開催される予定で、通常イベントの見通しが立たず、ホテルの需要が落ち込んでいるため支援を決めた」という。期間は9月30日チェックアウト分まで。

利用客は対象プランを予約し、割引後の料金をホテルで支払う。ホテルでのチェックイン時に「千葉市テレワークプラン利用券」に必要事項を記載する。

テレワークプランの補助は2020年度も2回に分けて実施した。約2万人が利用し、総額約5500万円を補助した。21年度は期間は短いが同程度の予算を見込む。「補助制度が認知され、利用者が増えているため」(担当者)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン