/

宇都宮LRT事業費上振れ 市長「やむをえない」

宇都宮市は25日、栃木県芳賀町と整備中の次世代型路面電車(LRT)の事業費のうち、市負担分が当初見込みから191億円の増額となったことを明らかにした。同日記者会見した佐藤栄一市長は「大型工事に増減はつきもの。大きな数字だが、やむをえない」としたうえで、「早期実現に全力で取り組む」と述べた。

宇都宮市はレール敷設など工事の進捗に合わせて事業費を精査した(写真は20年9月の初のレール敷設工事)

LRTは2018年5月に着工した。停留場や車両製造などすべての工事に着手したことから20年11月に入って事業費の精査を進めたところ、年末に200億円近くの事業費増額が判明したという。市建設部は「全線新設は全国でも初めて。工事の種類も数も未経験の規模で、ある程度事業が進まなければ見通せなかった」と説明した。

同日公表した増額分の内訳は、地質調査で見つかった軟弱地盤の改良工事などで102億円、労務資材価格の高騰などで35億円、歩道のバリアフリー化や車両の仕様変更などで46億円、電力ケーブルやガス管など地下埋設物の移設費で35億円。一方、レール構造の見直しで27億円の事業費を削減し、差し引き191億円の増額となる。芳賀町分と合わせた概算事業費は当初の458億円から5割増の684億円に膨らむ。

市財政課によると、増額分の5割を国が補助した場合、市の追加負担は税込みで100億円となる見込み。このうち、90億円を市債、10億円を市の基金でまかなうとすると、市債償還が始まる2025年度以降、公債費負担比率を0.5㌽押し上げるという。公債費負担比率は12%程度となるものの、市目標の15%は下回るとした。

22年3月を目指していた開業時期は用地買収の遅れにより1年程度延期する。20年末時点で約40人の地権者との契約が終わっていないが、全員と交渉に入っているという。佐藤市長は「開業を期待していた人がたくさんいる。(延期した開業時期を)死守しないといけない」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン