/

この記事は会員限定です

消費電力減の電子部品、22年に生産 東北大発新興

[有料会員限定]

東北大学発スタートアップ「Piezo Studio」(ピエゾスタジオ、仙台市)はスマートフォンなどに使われる特殊な電子部品の生産を2022年に本格的に始める。現在使われている部品よりも消費電力を減らせるため、幅広い電子機器メーカーでの採用を目指す。22年11月期に1億円以上の売り上げを目指す。

電子機器がさまざまな処理をするには一定間隔で安定した周期の信号が必要だ。同社はその信号を発信する電子部品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り602文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン