/

東京の人口24年8カ月ぶりに前年割れ、都2月推計

新型コロナウイルス感染拡大で、他県への転出が増えた(1月29日、東京・JR品川駅)

東京都が25日発表した2月1日時点の推計人口は、前年同月比662人減の1395万人だった。1996年6月以来、24年8カ月ぶりに前年を下回った。新型コロナウイルス感染拡大で、他県への転出が増えているほか、出生数が減ったことなども影響した。

都の人口を前月比でみると7321人減り、7カ月連続で減少した。転出が転入を上回る「転出超過」の状態で、特に大田区や江戸川区など23区内で転出超過数が大きかった。出生数から死亡数を引いた自然増減のマイナス幅が広がったことも響き、人口の減少幅は前月の2489人から拡大した。

都の人口は2020年5月に初めて1400万人を超えたが、その後は減少傾向が続いている。新型コロナ対策としてテレワークが浸透してきたことにより、職住近接の必要性が薄れ、近隣県に移り住む動きが出ている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン