/

横浜の野毛大道芸、9月に初の屋内開催

横浜の一大イベント「野毛大道芸」が初めて屋内で開催される。従来の路上開催は観客が密集するとして2020年は中止に追い込まれたが、21年は地元の演芸場を使って9月に開く。24日には試行イベントを初開催し、対策などを確認した。

試行イベントは演芸場「横浜にぎわい座」(横浜市)で開いた。座席の間隔を空けるなどの対策を施し、観客約100人に6組12人が大道芸を披露。「声援の代わりに拍手や手拍子などで楽しんでもらった」(担当者)という。

野毛大道芸は横浜・野毛地区の活性化を目指して地元の商店などが1986年に開始。日本三大大道芸のひとつとして知られている。21年は6月にも同様の試行イベントを開く。9月の本開催時には観客の出入りを管理できる公園などのスペースを使ったイベントも検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン