/

この記事は会員限定です

TRC高田第2事業所、長寿命の電池生産 製品開発も

ふじのくに戦略拠点

[有料会員限定]

自動車部品製造のTRC高田(浜松市)がリチウムイオン電池事業に参入した。新素材を使う電池で、高い安全性や長寿命が売り。自動車業界が電動化や自動運転など「100年に1度の変革期」を迎えるなか、生き残りへ電池事業を新たな収益源に育てる。昨年秋に稼働した第2事業所(同)はその中核拠点となる。

1月下旬、第2事業所では量産ラインの構築を進めていた。生産するのは、自動車や二輪車のバッテリーが上がった際、エン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り896文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン