/

この記事は会員限定です

ワクチン接種、東北の自治体準備急ピッチ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチンの接種に向け、東北の自治体が急ピッチで準備を進めている。国の指示のもとで都道府県が協力するものの、接種場所の確保などの実務を担うのは市町村だ。役割分担が複雑なうえワクチンの冷凍保存の仕組みづくりなど課題は多い。手探りの状況だが、3月にも始まる高齢者向けの接種に向けて対応に追われている。

青森県むつ市は1月中旬、県内でいち早く18人で構成するプロジェクトチームを立ち上げた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り946文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン