/

この記事は会員限定です

秩父・比与志旅館の前川支配人「心の距離近づいた」

コロナに挑む2021(3)

[有料会員限定]

埼玉県有数の観光地、秩父はコロナ禍で客足が大きく減った。逆風のなかでも、地元の人々と協力し、秩父の魅力を発信し続けるのが比与志旅館の3代目支配人、前川拓也さん(46)。「人との距離は離れたけど、同じ痛みを共有したことで心の距離は近づいた気がする」

新型コロナウイルスの感染拡大で2020年4月から2カ月半休業していた間、約25年宿を切り盛りした母の女将から家業を継承した。休業中も四季折々の秩父の風景...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1236文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン