/

この記事は会員限定です

「日帰り県」茨城、住みよさ発信 テレワーク移住誘う

魅力を磨く㊥

[有料会員限定]

茨城県はブランド総合研究所の魅力度ランキングで7年連続の最下位から42位に躍進した。官民の努力もさることながら、もともと観光の競争力が弱く、コロナ禍の傷痕が比較的浅く済んだ面も否めない。テレワーク移住などの流れを追い風に住みよさを発信しようと「日帰り県」は巻き返しに挑む。

笠間市で2020年12月に開かれたテレワーク移住体験ツアー。千葉や東京から参加した5人は陶芸ギャラリーや神社、酒蔵を巡った後、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2129文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン