/

この記事は会員限定です

ドライアイス代替、低温輸送の新製品 静岡県沼津市の2社

[有料会員限定]

ワクチンの運搬でドライアイス不足が懸念される中、代替需要を捉えようと静岡県沼津市に本社をおく保冷材や冷却機メーカー2社がそれぞれ低温輸送向けの新製品を開発した。二酸化炭素が発生するドライアイスに比べ繰り返し使える保冷材は環境負荷が低い。新型コロナウイルス禍と脱炭素化の機運が、食品や薬品輸送での活用を後押ししている。

半導体製造設備のメンテナンスと冷却設備のエイディーディー(静岡県沼津市)は、ヤマトホールディングス(HD)傘下のヤマトロジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン