/

群馬県、営業時短要請を延長 1月11日まで

群馬県の山本一太知事は24日、伊勢崎市といった東部7市町の飲食店などに出している営業時間短縮の要請を2週間延長すると発表した。当初の要請期間は28日までだったが、2021年1月11日までとする。

群馬県の山本一太知事は営業時間短縮の期間延長を発表した(24日、前橋市)

人の移動が増える年末年始も継続することで、新型コロナウイルスの感染拡大抑止につなげる。営業時間短縮に協力した事業者へ支払う協力金は1店舗あたり56万円とする予定だ。

一方、28日から21年1月11日は県内全域で外食需要喚起策「Go To イート」のポイント・食事券について、すでに発行された分の利用自粛を要請した。会食時の新型コロナ感染が多いため新規発行は15日から全県で一時停止しており、同期間も継続する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン