/

この記事は会員限定です

タカノ、「ススキのお化け」で目指すエネルギー地産地消

北関東フォーカス

[有料会員限定]

建設業のタカノ(栃木県さくら市)がイネ科の大型植物「エリアンサス」の燃料化事業に取り組んでいる。植物由来の燃料として温暖化ガスの排出量を抑えられるのに加え、耕作放棄地で栽培すればエネルギーの地産地消にもつながる。実用化にはメドをつけており、早期の収益化が次の目標となる。

「ススキのお化けを育ててどうするのって最初は笑われたんです」。タカノの高野啓子社長は振り返る。エリアンサスは成長すると高さ3.6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1212文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン