/

東京都、ワクチン保管施設を160カ所確保

東京都は24日、超低温冷凍庫(ディープフリーザー)で新型コロナウイルスのワクチンを保管する基本型接種施設を約160カ所確保したことを明らかにした。都は医療従事者などへの優先接種を3月に始める予定で準備を進めている。

都は約60万人の優先接種を想定。基本型接種施設に加えて、ワクチンの移送を受ける連携型接種施設は約480カ所確保した。小池百合子知事は同日の都議会本会議で「接種体制の確保に万全を期す」と話した。

都内の新型コロナの新規感染者数は減少傾向にあるが、減少ペースは鈍化している。23日に開いた首都圏1都3県知事によるテレビ会議では、緊急事態宣言の早期解除を要請せず、人の流れのさらなる抑制を都県民に呼びかけることで一致した。小池氏は24日の都議会で再拡大を招かないよう対策を徹底する考えを強調した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン