/

長野のフレックス、外出時にも着れるはんてん開発

シャツ製造のフレックスジャパン(長野県千曲市)は、外出時のコートとしても着用できるはんてんを開発した。肩周りに洋服の曲線のデザインを取り入れるなどし、現代風のカジュアルな商品に仕上げた。同社ではんてんの販売は初めて。

一部に洋装のデザインを取り入れ、外出着としても使える現代風のはんてんにアレンジした

生地はウールを使用しており、ふんわりとした質感が特徴的。着用した際の重さも気にならない。色は多様な服に合わせやすいよう、グレーを採用した。顧客層は、30代以上の男女を想定する。

ウールにはリサイクルウールを活用。同社で取り組む、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成につなげる狙いだ。このほか、内ポケットに松代焼の陶器ボタン、包装紙に和紙の内山紙を利用。長野県内の伝統工芸品を取り入れながら、地域にも根付く製品にした。

はんてんは、クラウドファンディング(CF)の返礼品として販売している。一口3万円で、50着を用意。調達した資金は、今後の商品展開に伴う販促費などに振り向ける計画だ。

はんてんの開発に伴い、新ブランド「こどう」を立ち上げた。ブランド名は心臓の「鼓動」や「古道」などにちなみ、「古きをたずねて新しきをまとう」とのスローガンを掲げている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン