/

東京湾岸の高潮リスク 、スマホで確認 浸水の深さなど

東京都は24日、大型の台風で高潮が発生した場合の浸水の深さや浸水が継続する時間を調べられる「高潮リスク検索サービス」を始めた。スマートフォンなどを使って住所や現在地などから確認できる。台風や局地的な大雨による被害が相次ぐなか、防災情報の発信を強化する。

都はこれまでに浸水想定区域図の作製や、住民に危険を知らせる基準となる高潮氾濫危険水位を設定するなど高潮対策を進めてきた。同サービスや浸水想定区域図では、1934年に高知県・室戸岬付近に上陸して高潮などで甚大な被害が出た室戸台風と同程度の910ヘクトパスカルの台風を想定している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン