/

この記事は会員限定です

厄介鳥獣を地産地消の特産品に 新潟・十日町の雪国Base

まちづくり人づくり

[有料会員限定]

生息域拡大で近年多発する鳥獣被害。新潟では2020年度のイノシシによる人身被害が過去最多を更新した。一方で増え始めた野生鳥獣をおいしく活用する動きも広まる。新潟県十日町市にある「雪国Base」もその1つ。地元猟友会からイノシシやシカを買い取り、加工して県内の飲食店や土産物店に販売する。

JR浦佐駅からタクシーで20分。豪雪地帯の十日町市で野生鳥獣の解体と加工を手掛ける雪国Baseがある。もともとは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り848文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン