/

この記事は会員限定です

北海道の住民税伸び全国7位、猿払村はホタテがけん引

[有料会員限定]

北海道の2019年度までの10年間の個人住民税(市町村民税個人分)の伸び率は23%増と、全国で7番目に大きかった。水揚げが盛んなホタテのブランド化に成功したオホーツク海側の猿払村や枝幸町は全国の市区町村で2位、10位。ニセコ町も上位に食い込んでおり、中国などの海外富裕層向けで所得を伸ばした3町村の健闘が目立った。

09年度と比べた個人住民税の伸びが北海道で最も大きかったのは猿払村(99%)だった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1229文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン