/

この記事は会員限定です

脱トップダウンへ兄弟で経営引き継ぐ アイザック

私たちの事業承継

[有料会員限定]

「後継ぎがいなくて大丈夫なんですか」。板金加工、アイザック(東京都八王子市)の佐川英雄社長(77)は、自身が70歳を超えた2010年代から、従業員や取引先から相次ぎ指摘を受け、悩んでいた。

後継者として入社した次男の学氏(36)はリーマン・ショック時の業績悪化を受け、退社し大学に進学した。創業者でもある英雄氏が従業員に全ての指示をし、営業もこなすトップダウン経営で、従業員に後継候補はいない。先行き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン