/

この記事は会員限定です

首都圏で「空き家バンク」利用活況 供給不足に課題も 

[有料会員限定]

テレワークの普及で郊外への移住や2拠点生活に注目が集まるなか、「空き家バンク」を通じた売買が活況だ。コロナ禍による暮らし方の変化を受けて、首都圏自治体は都心からも近いことを売りにして移住者や関係人口を取り込もうと「空き家バンク」の活用強化に乗り出す。

約8000人が暮らす山あいの埼玉県横瀬町。同町から約60キロメートル離れたさいたま市でコワーキングスペースを運営するコミュニティコム社長の星野邦敏さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン