/

この記事は会員限定です

武蔵コーポ、リゾート事業に参入 軽井沢に貸別荘開発

[有料会員限定]

収益用不動産販売の武蔵コーポレーション(さいたま市)はリゾート事業に本格参入した。関東近郊の観光地を中心に貸別荘を開発する。新型コロナウイルスの影響で他人と接触せずに休暇を過ごす需要が高まるとみて、2026年をめどに100棟の運用を目指す。

長野県軽井沢町で9月、「森の離れ」と名付けた新築5棟の貸し出しを始めた。ガラス張りで部屋の中から外の木々を感じられるつくりが特徴。別荘などを借りて泊まる「バケ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り622文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン