/

この記事は会員限定です

群馬、動画や記者会見を積極活用 発信力向上に力

魅力を磨く㊦

[有料会員限定]

「世界はまだ、群馬を知らない」。群馬県の山本一太知事が2019年7月の当選時に掲げた公約集のキャッチコピーだ。群馬の知名度の低さを認めたうえで、これまで1年半に及ぶ山本県政はトップセールスによる魅力発信に力を入れてきた。群馬の魅力をPRする動画作りなどにも熱が入ってきている。

山本知事の肝いりの施策の一つが、県庁32階の動画・放送スタジオ「tsulunos(ツルノス)」だ。1億円強の予算を使って整...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2051文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン