/

暖房機器のコロナ、純利益6億円に上方修正 前期

暖房機器メーカーのコロナは23日、2021年3月期の連結純利益が前の期比1・6倍の6億2000万円になったと発表した。従来予想は3億円だった。20年12月の寒波などの影響で暖房機器の販売が増加した。売上高は前の期比4%増の821億円。新型コロナウイルス禍などの影響で、空気清浄や除菌などの機能を持った多機能加湿器の販売が好調だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン