/

静岡県、福祉施設の衛生用品調達を支援 専用サイト開設

静岡県は新型コロナウイルスの感染対策で衛生用品の確保に悩む福祉施設を支援する。県社会福祉協議会に委託し、物資調達の専用サイトを開設した。感染再拡大にも備え、一括購入などで調達ルートを確保し、卸業者と取引関係のない施設などに安定供給する。

「新型コロナウイルス感染症対策物資頒布サイト」を設け、特別養護老人ホームをはじめ高齢者施設のほか、保育施設なども利用できるようにした。感染を防ぐ高機能の手袋やガウン、消毒液などの注文を受け付ける。県社協が一括調達するため手袋などを市場価格より比較的安く入手できる。

県によると、特に手袋などは国内外の感染拡大の影響で価格が高騰しており、確保に苦慮する施設が多いという。安価に調達できるようにし、事業者の経営悪化を防ぐ狙いもある。注文状況をにらみ、取扱品目を増やすことも今後検討していく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン