/

この記事は会員限定です

原発処理水、住民に理解広がらず エネ庁は座談会に力 

[有料会員限定]

東京電力福島第1原発で増え続ける処理水を巡り、経済産業省資源エネルギー庁が地元住民や学生らを対象にした座談会を開いている。国が海洋放出を軸に処分方針を検討する中、安全性などに関する住民の理解が広がっていない事情が背景にある。

2月上旬、福島県飯舘村の公民館。「処理水に残るトリチウムは水の仲間。弱い放射線を出すが、紙1枚で防げる」。エネ庁の木野正登参事官の説明に村民12人が耳を傾けた。「放射性物質と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン