/

この記事は会員限定です

路線バスの自動運転実験 安全や定時運行カギに

潜望展望

[有料会員限定]

埼玉県飯能市で大型路線バスの自動運転実証実験が始まった。営業路線で大型の自動運転バスを走らせる実験は国内初。バス会社や研究者らの期待は大きいが、企画段階から安全性や定時運行の面でさまざまな課題が浮かび上がるなど、実用化への壁の高さもうかがえる。

23日に始まった実験で中心的な役割を担うのは、東京都や埼玉県で路線バスを運行する西武バスや群馬大学だ。両者は2020年に自動運転技術に関する共同研究契約を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン