/

自民千葉県連会長が辞任表明、推薦候補の知事選大敗受け

自民党千葉県連会長の渡辺博道衆院議員は23日、同県選出の衆参両院議員の会合で、県知事選で党推薦候補が大敗したことを受け「全て責任は私にある」として、会長を辞任すると表明した。

党本部で開かれた会合は非公開。終了後、渡辺会長は「擁立から今日まで、全て私の不徳の致すところだ」と記者団に述べた。敗因に関しては「自民党の一部が相手候補を支持したことがある」と説明した。

21日投開票の知事選では、立憲民主党県連などが支援した前千葉市長熊谷俊人氏(43)が約140万票を得て初当選を果たした一方、自民党推薦の元県議関政幸氏(41)の得票は約38万票にとどまった。県選出の石井準一自民党幹事長代理らは熊谷氏支持を表明し、足並みは乱れた。

石井氏は「歴史的な大敗だ。私は自民党推薦が決まった後は、反党行為は一切していない。勝てない候補を擁立した方が(責任は)重い」と記者団に述べた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン