/

首都圏4知事、緊急事態宣言の早期解除を要請せず

1都3県の知事は新規感染者数の減少ペースが鈍化していると危機感を共有した

首都圏1都3県の各知事は23日のテレビ会議で、緊急事態宣言の早期解除を政府に要請しない考えで一致した。新型コロナウイルスの新規感染者数は減少傾向にあるが、減少ペースは鈍化しているとして危機感を共有。3月7日までで緊急事態宣言を終わらせるため、感染防止対策の徹底を改めて都県民に呼びかける。

東京都の小池百合子知事は、関西などの早期解除の動きに影響を受けて、1都3県で気の緩みが生じかねないとの懸念を述べた。それを受けて埼玉県の大野元裕知事は「早期の解除を要請する事態にない」と強調。神奈川県の黒岩祐治知事も「まったくそういう状況にはない」と話し、1都3県は早期解除を要請すべきではないとの考えで一致した。

1都3県では新規感染者数の減少ペースの鈍化に加え、変異ウイルスの広がりも懸念される。3月7日までで緊急事態宣言を終わらせるため、引き続き外出自粛やテレワークの拡大などを呼びかける。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン