/

この記事は会員限定です

宮城県が時短要請、仙台・国分町対象に 協力金60万円

[有料会員限定]

宮城県は23日、新型コロナウイルスの対策本部を開き、仙台市国分町周辺を対象に営業時間の短縮を要請することを決めた。期間は28日から2021年1月12日までで、午後10時から午前5時までの間は営業しないよう求める。応じた店舗には60万円の協力金を支給する。年末年始に向けて時短要請をするのは東北では初めて。

対象は仙台市青葉区の国分町2丁目と一番町4丁目で、東西を東二番丁通と晩翠通、南北を広瀬通と定禅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り667文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン