/

この記事は会員限定です

小中学校の学習端末、ソフト面の準備急ぐ 神奈川自治体 

[有料会員限定]

小中学校で配備が進むタブレット端末の学習効果を高めようと、神奈川県内の自治体でソフト面の準備が進んでいる。授業での活用方法などを教員研修で共有し、端末が配備された生徒らには操作を体験するよう促す。新型コロナウイルス下での自宅利用を想定した教材作りの動きもある。4月の新学期にスタートダッシュが切れるよう、新たな「文房具」になじむ工夫が始まっている。

「一斉に打ち込んでみましょう」。座間市教育委員会が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1145文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン