/

この記事は会員限定です

千葉企業が接種推進、就業扱いや有休適用 「職域」拡大

[有料会員限定]

新型コロナウイルスワクチンの接種対象が64歳以下に移りつつあることを受けて、従業員に接種を促す動きが千葉県内の企業で広がっている。仕事を抜けて接種しても業務時間内と認めるほか、副作用が出た際に特別休暇を認める例もある。職域接種に手を挙げる事業所も増えている。社内での接種を広げ、感染リスクを抑える。

京葉ガス千葉興業銀行は、就業時間内にワクチンを接種しても就業として扱う。また接種後に体調不良などで業務ができず早退する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1007文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン