/

この記事は会員限定です

蔵王鉱山の歴史をつなげ、出身者が資料館 山形県上山市

東北6県 気になる現場

[有料会員限定]

山形県上山市の蔵王猿倉スキー場そばに今秋、蔵王鉱山歴史資料館ができた。1963年に閉山した硫黄鉱山の歴史を伝えようと、かつて働いていた世代やその2代目が資金を出しあって作った建物だ。かつて1000人が生活したとは思えない静かな場所だが、閉山後の仕事を作ろうと始めたスキー場は25日に今年の営業を始める。

「当時の体育館を3分の1の大きさにして、舞台も柱も再現しました」。50㌢㍍近く積もった新雪をかき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1060文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン