/

この記事は会員限定です

甲府の武田神社 信玄ゆかりの地、生誕500年の節目に

おでかけスポット

[有料会員限定]

甲府駅(甲府市)北口から武田通りの坂道を突き当たりまで上ると戦国武将・武田信玄を祭る「武田神社」がある。信玄の父、信虎が1519年に築き、日本百名城にも数えられる「躑躅ケ崎館(つつじがさきやかた)跡」に鎮座する神社だ。

この地は信虎・信玄・勝頼の武田氏3代が60年余りにわたって本拠とし、その北に位置する要害山には、かつて戦(いくさ)の時に立てこもるための詰め城「要害城」があった。信玄は1521年、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り802文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン