/

この記事は会員限定です

銭湯の可能性 建築家・仏出身ジャーナリストの2氏に聞く

変貌 東京銭湯(下)

[有料会員限定]

時代に合わせて変わろうとする銭湯が東京で増えている。デザイン性の高い銭湯の設計を数多く手がけてきた建築家の今井健太郎さんとフランス出身の銭湯ジャーナリスト、ステファニー・コロインさんに銭湯の魅力や可能性を聞いた。

地域の要素を設計で表現 建築家の今井健太郎さん

――なぜ銭湯の設計に力を入れているのでしょうか。

「2000年ごろから、これまでに都内を中心に18の銭湯を設計した。働き始めの頃にいろい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン